★チョコレートダイエット★

チョコレート ダイエット 効果

「少量のチョコレートが高血圧に効く」 独大学チームが発表

【7月4日 AFP】毎日少量のチョコレートを食べると、体重が増えるなどの副作用なしに血圧が下がるという独ケルン大学(University of Cologne)のチームによる研究が、米医学雑誌Journal of the American Medical Association(JAMA)7月4日号に掲載された。

 これまでの研究ではチョコレートの血圧降下作用は認められていたものの、糖分や脂肪、カロリーの過剰摂取による悪影響が懸念されていた。

 この研究では、56-73歳の高血圧前症あるいは第1期高血圧症患者44人を対象に、糖分と脂肪分の低いダークチョコレートを少量摂取したときの効果を調べた。

続きを読む

チョコレート ダイエット 効果

チョコレートのダイエット効果

チョコレートでのダイエット効果はチョコレートの原料である
カカオが主役です。

カカオに含まれるカカオポリフェノールの成分がチョコレートを食べる事によって体の中にレプチンなる物質が生まれ、このレプチンが脳に対して「もうお腹が一杯です」と信号を送るのです。

食事の前にチョコレートを食べる。→体内にレプチンが作られる。→レプチンが脳に満腹指令を出す。→食事の量が抑えられる。→ダイエットができる。

このサイクルで食欲を抑えるダイエット効果があるのです。

ダイエット効果はレプチンの量が少ないとダイエット効果が出ませんのである程度レプチンの量が確保できるチョコレートを
選択しましょう。

レプチンの量=カカオの含有量になりますのでチョコレートの
選択基準はカカオの含有量になります。

チョコレートダイエットに適しているかどうかの選択基準は
カカオ含有率70%以上!と覚えておいてください。

カカオの含有率が多くなってくると甘みがだんだん減ってきて
苦味が増してきますのでチョコレートを食べ比べてお好みのカカオ含有率を探すのもひとつのお仕事になります。(笑)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。