★チョコレートダイエット★

チョコレート ダイエット カカオ 含有 率

チョコレート ダイエット カカオ 含有 率?

◆カカオ含有率とは

チョコレートダイエットの基本はカカオ含有率70%以上の
チョコレートを食前に食べることによって、満腹中枢を
刺激させるダイエット法です。

このチョコレートに含まれるカカオの割合を「カカオ含有率」と言います。

なぜ、カカオ含有率がチョコレートダイエットにおいて大事な事かと言いますと、カカオの中に含まれてる成分に
「ポリフェノール」があります。

このポリフェノールを継続してとると、インスリン抵抗性を改善させると考えられています。

インスリン抵抗性を改善すると、体内の脂肪細胞に脂肪が
溜まりにくくなり、太りにくい肥満防止体質になります。

さらに、抗酸化力によって血液がサラサラになり、血流も改善され、隅々まで血液が流れるようになり体温も上がってくるようになり、冷え、むくみにも効果が期待できます。

そして、このポリフェノールにはお肌の曲がり角の方にはうれしい肌の老化を防ぐ、アンチエイジング効果もあるのです。

また、リグニン(カカオ独自の成分)という食物繊維に似た働きを持つ成分も含んでいるので、便秘の解消にも役立ちます。

その他のカカオ成分に、テオブロミンがあります。このテオブロミンは、カフェインに似た成分で、利尿効果があります。

このように「カカオ」にはダイエット効果、美肌効果、健康維持効果等の要素が多く含まれております。

この効果をアップする元がチョコレートに含まれる
「カカオ含有率」になるわけです。

カカオ含有率は「30%〜100%」ぐらいまでイロイロ有りますがチョコレートダイエットに適しているカカオ含有率は、最低でも「70%以上」がよろしいかと思います。

*個人差はありますのでお好みでお選びください。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。