★チョコレートダイエット★

チョコレートの効能

チョコレートが体に良い?

元々チョコレートはお薬として飲まれていたと以前聞いた
記憶があります。

そこで、チョコレートの効能を調べてみましたら予想以上の
効能がありました。

チョコレートの中に含まれる多くの成分には体に良いものが
沢山入っていることがわかりました。

■カカオ・ポリフェノールのいろいろな効能

がんや動脈硬化などさまざまな病気の原因といわれる
活性酸素。
今、その働きをおさえると注目されているのが
ポリフェノールです。

ポリフェノールは赤ワインにも多く含まれていますが、チョコレートにはそれよりもはるかに多量に含まれているのです。

1. 動脈硬化を防ぐ

カカオ・ポリフェノールは、動脈の繊維にコレステロールがたまったり、LDL-コレステロールが酸化を受けて動脈硬化が進むのを防ぐことが、ラットや人によって確かめられています。


2. がん予防に期待

がんの発生メカニズムにはまだ不明なところが多々残されていますが、まず変異原物質が細胞のDNAに突然変異を起こし、次いで促進物質がかん化した細胞を活性化することによってがんが発生すると考えられています。

しかし、試験管内に変異原物質と同時にカカオ・ポリフェノールを加えたところ、細胞DNAの突然変異が抑制されることが確かめられました。


3. ストレスに打ち勝つ

身体的にストレス状態にあるラットにカカオ・ポリフェノールを与えたところ、ストレスにうまく適応することがわかりまし

た。また心理的ストレスにたいしても抵抗力が強まることが確かめられました。


4. アレルギーやリウマチにも効果

アトピーや花粉症などのアレルギーは現代病のひとつとして大きな問題になっていますが、マウスにカカオ・ポリフェノールを

与えたところ、アレルギーの原因となる活性酸素の過剰な働きが著しくおさえられました。

さらにチョコレートを人に食べてもらったところ、
おなじ効果がみられました。

■ココアは病原菌をおさえ、傷の治癒にも効果的

ココアは胃かいようや胃がんとの関連が深いピロリ菌や重い食中毒で知られる病原性大腸菌O-157が増えるのをおさえるなど、

細菌の感染に効果があるほか、毎日ココアを飲んでいる重症患者さんには傷の治りが早くなることが確かめられています。

■チョコレートでは太らない

チョコレートは太る!
こんなよくある誤解に挑んだ実験があります。

標準飼料育ちのラットと、飼料の20%をチョコレートでおきかえたラットを比べた場合、カロリーがおなじなら体重の差はなく、
肥満もみられませんでした。

「何が」太るかの原因探しより「どれだけどう」食べたかの
ほうが大切なことが確かめられたわけです。

■カカオ成分に虫歯を防ぐ効果

ウーロン茶や緑茶には虫歯予防効果成分が含まれていることが知られていますが、カカオ成分にはこれら以上に虫歯菌を

おさえる効果があり、しかも虫歯菌に感染したラットの虫歯の
進行をおさえることも分かりました。

■チョコレートの香りが精神活動を高める

チョコレートの香りが集中力や注意力、記憶力を上げることが人の脳波や学習実験から 確かめられましたが、さらに

チョコレートを食べたほうが、陸上競技の「ヨーイ〜ドン」
からスタートの反応時間が短くなることが分かりました。

■チョコレートはミネラル豊富

チョコレートはカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類を豊富に含む栄養バランスのとれた食品です。

とくに注目したいのはカルシウムとマグネシウムのバランスがよいことです。一般にマグネシウム不足は心臓病の危険を増すことが知られています。

by「日本チョコレート・ココア協会」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。